Google
    

真護 @makituri

 ★FySVtLiwrM_Zos

プロフィール

「愛でることは得意です。
 愛することはもっと得意です。
 自分が良い人であると錯覚するからです。」

「愛でられることは苦手です。
 愛されることはとても苦手です。
 自分が悪い人であると自覚するからです。」

 言葉にしなきゃ。
 言葉にしなければ。
 言わずに分かっていたとしても、
 空手を振られるより、そっとでもいいから手を握ってくれるほうが、
 きっと確かに、思い出せるから。


いままで書いてきたもののまとめ。順不同。
【長編】
「それでも、聴こえてくる」 http://mb2.jp/_sst/8679.html
「どこもかしこも」 http://mb2.jp/_sst/9123.html
【短編集】
「えーえむ:ぴーえむ / 25時」 http://mb2.jp/_sss/576.html
【書き捨て】
「書き捨て廃品場〜疑心暗鬼〜」 http://mb2.jp/_ste/295.html
「そこにあるもの全てオイデゲー」 http://mb2.jp/_ste/1195.html
【SS】
“真護”名義
http://mb2.jp/_ss/?mode=find&word=%90%5E%8C%EC
“傾月”名義
http://mb2.jp/_ss/?mode=find&word=%8CX%8C%8E&handle=1
“加湿器”名義
http://mb2.jp/_ss/?mode=find&word=%89%C1%8E%BC%8A%ED&handle=1
 その他
http://mb2.jp/_ss/6230.html
【参加させていただいた企画】
「三日坊主掃討作戦」 http://mb2.jp/_kakikata/1687.html
「三日坊主の合法投棄場」 http://mb2.jp/_ste/923.html
「【依頼】メビ作家のなんちゃって宿舎【遂行】」 http://mb2.jp/_gsd/968.html
「SS大賞【投票・集計・記録・その他】」 http://mb2.jp/_gsd/904.html
「純粋なる狂愛遊戯〜百合の園〜」 http://mb2.jp/_sss/425.html
編集: 5年前

日記 (217)

▼全メンバーがコメントできます

BBS

記事一覧

▼全メンバーがコメントできます

マイメビ(19)

凍 寒九郎 - jirou - 木の下月夜
今宵もアンニュ〜イ? - mikkabouzu - 江月
優友 - door - 弓張り月
高梨 - addict - 黄昏月
逢坂(ご無沙汰) - tukinohune - 朧月
苺華 - shimotsuki
鳥の巣♂ - torinosu - 冬月

真護への伝言

名無し @seirin > こんばんは。世を忍ぶ仮の逢坂です。いや、まあ、普通に逢坂なんですけど、外出用のアカウントです。 先日お話しした、真護さんと話してみたいネタなんですが、ようやく、アカウント日記の方で議論の場を設けることができました。また、お暇な折で結構ですので、ごゆるりご自由に、何か語っていただければ幸いです。これをずっと、聞いてみたかったのです。 ( 返信 )
2013/12/19 23:01 - No.130
逢坂(ご無沙汰) @tukinohune > 昔KOKIAさんをYouTubeで観たことがあって、その時、やたらと流暢に英語で挨拶していたので、ただの日本人か不思議でした。『人間ってそんなものね』も聴きました! 優しい良い歌ですね。僕の小説も、もっと救いや許しに溢れた感じにすれば善かったなぁ、としみじみ思います。 なんだか最近、誰かと猛烈に創作について語りたい欲求が出ていて、真護さんが付き合ってくれてとても嬉しかったです。実は前々から一つ、真護さんと話してみたいことがあるのですが。また、こちらである程度ネタが固まったら連絡させていただきたいと思います(勝手に)。お暇な時で良いので、また相手をしてやってもらえると幸いです。 ( 返信 )
2013/11/30 00:01 - No.129
逢坂(ご無沙汰) @tukinohune > あとちなみに、KOKIAさんて何人なんですか?笑 ( 返信 )
2013/11/27 22:47 - No.128
逢坂(ご無沙汰) @tukinohune > コメントありがとうございました。嬉しかったです。言葉ではちゃんと伝わらないでしょう、真護さんが思っている十倍くらい、僕は嬉しかったです! 実際のところ、僕もいつもかなり適当に書いていて、余程核心に迫る部分以外は、「まぁこんな感じの描写でいいだろ」とぼんやり執筆しています。雨細工も当然そんな感じで書いたんですが、書いた後でぽろぽろ泣けてきて、なんでや! と不思議に思って読み返してみたら、解説に書いたようなストーリーが、偶然上手く繋がったのです。なので、解説の内容も、一つの読み方に過ぎないです。正直あれは、僕の現在の感傷にかなり引きづられた感があります。 「狐の嫁入り」については、僕もあんまりキチッと解釈を定めていないところです。例えば、あれを結婚前に作ったのか後に作ったのかで、かなり意味は変わりますよね。真護さんがおっしゃるように、自分の結婚とからめてあれを作ったのだとしたら、それは泣けますね(笑)あるいは、良樹に対する想いを、思い出ごと、自分の胸から外に出しちゃうような意味も、あったかも知れませんね。それによって、現実的な結婚に向けて気持ちを整理するというか。そうやって外に取り出した良樹への想い(=雨細工)を、再会した良樹に渡しちゃったら、もう、弓子の手元には何も残らないことになりますよね。そういう意味で「ごめん」なのかも? 真護さんが面白いことを言うから、妄想が膨らんでしまいます。 「ごめん」の意味は、僕もよくわかっていないです。ただ、一言で説明できるような心理じゃないな、とだけ考えています。だってほら、女心なんて僕にはわかりませんし(笑)真護さんなりの解釈をなさってくれると、僕も女心に一歩近づけた気がして嬉しいです! ( 返信 )
2013/11/27 22:44 - No.127
燐 @nei0707 > どうもw始めまして ( 返信 )
2012/12/01 19:28 - No.126
→メッセージの続きを見る

▼コメントするにはログイン(または新規登録)してください。