Google
    

ホラー系オリなりスレ【キャラ案】 - 日記

プロフィールへ - 全日記 - 2018年6月の日記 -

本文

ルーメンの賢者カエルム @makita

【Passenger】

Name: リチャード・リバーウェル・チャッツワース

Age: 27歳
Gender: Male
Nationality: イングランド

Job: 無職
Class: 貴族階級・伯爵

Room No.: 5020号室

Others: イギリスの地方にある邸宅で庭の手入れ、お茶会や趣味の読書やテニス、絵画に打ち込んだりと、五歳になる息子のシルヴィオ、そして母アンナと三人で暮らしている青年。夜は街中のパブに友人とよく飲みに行っているという。本人は無職で仕事よりもプライベート優先の考えであったため、そこに落ち着いている。もともと浪費癖が無いのと亡き父から伯爵の称号を継いだと同時に継承した広大な土地の収入のおかげで十分生活が成り立っているようだ。その穏やかでマイペースな性格もその環境がつくっていると言えるだろう。
普段は明るく振る舞う彼だが、数年前、彼は妻エリザベスを失っている。突然、妻が敷地内にある湖で入水自殺をはかったのだ。原因は定かではないが、妻と知り合ったのはロンドンの豪商邸宅での舞踏会で、当時女優として有名であった妻に見初められ付き合うこととなったが、亡くなる数日前に「はじめから身分に惹かれただけで貴方に惚れたわけではない」と妻から言われている。彼は自殺の原因は自分にあったのではないかと罪悪感を覚え、時おり見せる暗い表情は今でも心が癒えていないことを示唆している。
豪華客船セントメアリー号が考案された新婚時代、「あの船に乗って一緒に旅行に行きたい」と喜ぶ妻の言葉が頭から離れることがなかった彼は、まるでその約束を果たそうとするかのように妻の遺品であるペンダントを持って幼い息子と二人で船に乗った。またそれは、妻との因縁を断ち切るためでもあったかもしれない。
だが故エリザベスのあの時の何気ない約束は、皮肉にも父子を恐怖と絶望の運命へと導く結果となった。そして、不慮の事故といわれた父の死、そして愛する妻エリザベスの死の真相を知ることとなるのである。

(容姿)ヨーロッパ系の白人男性。髪色は茶色に近いブロンドでその耳までの短い髪をきちんと整えている。瞳は青色。天気の優れない地域であるのと比較的インドア派ということもあり色白の部類であるが不健康な印象は受けない。身長は176cmで体のバランスはよく、筋肉質とまではいかないが程良く引き締まった体型は27歳の男性としては標準的だろうか。服装はチャコットグレーのズボンに白のワイシャツ、ベストもズボンと同じグレーである。ブラウンの絹性のネクタイに(紋章が刻まれた)宝石のついたピンでとめている。普段はそこまできちんとした格好はしないが、豪華客船ということもあり彼なりに気にしている模様。

(武器)封を切るための小型ナイフ

2018/06/14 19:18 - No.0

2018年6月の日記

コメント

ルーメンの賢者カエルム @makita

【Passenger】

Name: シルヴィオ・リバーウェル・チャッツワース

Age: 5歳
Gender: Male
Nationality: イングランド

Job: 小学生
Class: 貴族階級

Room No.: 5020号室

Others: 祖母アンナと父リチャードと一緒にイギリスの地方にある邸宅で暮らす少年。外遊びが大好きで町の子供達と自然に囲まれたこの町で探検ごっこに勤しんでいる。邸宅の敷地内で遊んでいることも多い。
我が儘なところがあるが、その我が儘も甘えん坊で寂しがり屋な性格からきている。母エリザベスが亡くなってから、彼の甘えん坊度と寂しがり屋度は増しており、遊ぶとき以外は父リチャードにべったりするようになった。リチャードもアンナも、エリザベスが入水自殺したとは語っておらず湖に落ちてしまった事故だと伝えているが、それを聞いたシルヴィオは「ママは人魚姫になったんだ」とエリザベスに誕生日にもらったアンデルセン童話から慰めを見いだした。それからというもの彼にとって人魚姫は特別なものとなっている。
リチャードがセントメアリー号に乗ることに決めたとき、シルヴィオは人魚姫に会えると張り切って旅行へと同行したのであった。だが彼が出会ったのは人魚姫ではなく、人間の成れの果てである異形な怪物達であった。探検ごっこで培った力を駆使して、シルヴィオは生き残る為に奮闘する。

(容姿)ヨーロッパ系の白人男性。髪色は漆黒で、人形のようにくりくりした瞳は青色。外遊びが多いためやや日に焼けている健康的な外見。身長は100cm前後。体型は標準的5歳児のものに相当。服装は紺色の半ズボンにセーラー服を模した白いシャツ。

(所持品)『人魚姫』の絵本

2018/06/14 22:22 - No.1

ルーメンの賢者カエルム @makita

http://imepic.jp/20180616/569670

イメージイラスト

リチャードとシルヴィオ親子

2018/06/16 15:51 - No.2

ルーメンの賢者カエルム @makita

【Passenger】

Name: リチャード・リバーウェル・チャッツワース

Age: 27歳
Gender: Male
Nationality: グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

Job: 無職
Class: 貴族階級・伯爵(フィラフォード伯爵)

Room No.: 5020号室

Others: イギリスの地方フィラフォードにある邸宅で、庭の手入れ、お茶会や趣味の読書やテニス、絵画に打ち込んだりと、五歳になる息子のシルヴィオ、そして母アンナと三人で悠々自適に暮らしている青年。夜は街中のパブに友人とよく飲みに行っているという。本人は無職で仕事よりもプライベート優先の考えであったため、そこに落ち着いている。もともと無欲な方で浪費癖が無いのと亡き父から伯爵の地位を継いだと同時に継承した広大な土地の収入のおかげで十分生活が成り立っているようだ。その穏やかでマイペースな性格もその環境がつくっていると言えるだろう。
普段は明るく振る舞う彼だが、数年前、彼は妻エリザベスを失っている。突然、妻が敷地内にある湖で入水自殺をはかったのだ。原因は定かではないが、妻と知り合ったのはロンドンの豪商邸宅での舞踏会で、当時女優として有名であった妻に見初められ付き合うこととなったが、亡くなる数日前に「はじめから身分に惹かれただけで貴方に惚れたわけではない」と妻から言われている。彼は自殺の原因は自分にあったのではないかと罪悪感を覚え、時おり見せる暗い表情は今でも心が癒えていないことを示唆している。
豪華客船セントメアリー号が考案された新婚時代、「あの船に乗って一緒に旅行に行きたい」と喜ぶ妻の言葉が頭から離れることがなかった彼は、まるでその約束を果たそうとするかのように妻の遺品であるペンダントを持って幼い息子と二人で船に乗った。またそれは、妻との因縁を断ち切るためでもあったかもしれない。
だが故エリザベスのあの時の何気ない約束は、皮肉にも父子を恐怖と絶望の運命へと導く結果となった。そして、不慮の事故といわれた父の死、そして愛する妻エリザベスの死の真相を知ることとなるのである。

(容姿)ヨーロッパ系の白人男性。髪色は茶色に近いブロンドでその耳までの短い髪をきちんと整えている。瞳は青色。天気の優れない地域であるのと比較的インドア派ということもあり色白の部類であるが不健康な印象は受けない。身長は176cmで体のバランスはよく、筋肉質とまではいかないが程良く引き締まった体型は27歳の男性としては標準的だろうか。服装はチャコットグレーのズボンに白のワイシャツ、ベストもズボンと同じグレーである。ブラウンの絹性のネクタイに(紋章が刻まれた)宝石のついたピンでとめている。普段はそこまできちんとした格好はしないが、豪華客船ということもあり彼なりに気にしている模様。

(武器)封を切るための小型ナイフ

(所持品)エリザベスのペンダント



【Passenger】

Name: シルヴィオ・リバーウェル・チャッツワース

Age: 5歳
Gender: Male
Nationality: グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

Job: 小学生
Class: 貴族階級

Room No.: 5020号室

Others: 祖母アンナと父リチャードと一緒にイギリスの地方にある邸宅で暮らす少年。外遊びが大好きで町の子供達と自然に囲まれたこの町で探検ごっこに勤しんでいる。邸宅の敷地内で遊んでいることも多い。
我が儘なところがあるが、その我が儘も甘えん坊で寂しがり屋な性格からきている。母エリザベスが亡くなってから、彼の甘えん坊度と寂しがり屋度は増しており、遊ぶとき以外は父リチャードにべったりするようになった。リチャードもアンナも、エリザベスが入水自殺したとは語っておらず湖に落ちてしまった事故だと伝えているが、それを聞いたシルヴィオは「ママは人魚姫になったんだ」とエリザベスに誕生日にもらったアンデルセン童話から慰めを見いだした。それからというもの彼にとって人魚姫は特別なものとなっている。
リチャードがセントメアリー号に乗ることに決めたとき、シルヴィオは人魚姫に会えると張り切って旅行へと同行したのであった。だが彼が出会ったのは人魚姫ではなく、人間の成れの果てである異形な怪物達であった。探検ごっこで培った力を駆使して、シルヴィオは生き残る為に奮闘する。

(容姿)ヨーロッパ系の白人男性。髪色は漆黒で、人形のようにくりくりした瞳は青色。外遊びが多いためやや日に焼けている健康的な外見。身長は100cm前後。体型は標準的5歳児のものに相当。服装は紺色の半ズボンにセーラー服を模した白いシャツ。

(所持品)『人魚姫』の絵本



父子イメージイラスト→ http://imepic.jp/20180616/569670

2018/06/16 16:16 - No.3

ルーメンの賢者カエルム @makita

英語表記

Richard Riverwell Chatsworth

Silvio Riverwell Chatsworth

2018/06/16 16:18 - No.4

コメントフォーム

▼コメントするにはログイン(または新規登録)してください。