Google
    

似非紳士@小倉百弌 @baccano

 ★Android=ErSbd0BUQK

プロフィール

頭が空っぽならその分たくさん詰め込める。
何をかって?
夢や希望なんていう毒にも薬にもなる劇物よりは、おが屑でも詰まってて欲しいものだ。
特に私の頭には。



『アホウモノカキモドキ/Ahoucus Monokakiens』
モノカキ属
モノカキ目
モノカキモドキ科
アホウモノカキモドキ亜科

習性
・放っておくと、日がな一日中訳の判らない哲学者の真似事を繰り返す。
・意味もなく適当な考察をしてみたり、訳の判らない乱文を書き散らかしたりする。
・そのことを指摘すると、とりあえず「人とは考える葦である」とか「我思う故に我在り」などと引用して誤魔化すが、実のところ何も考えていない。
・良く知りもしないのに名作の文句を引用したりする。
・知識とは広く浅くで有るべきだと思い込んでいる。
・自称する際には必ず「阿呆である」と述べる。
・世の中の主流な考え方に対して詭弁を捏ね繰り回して抵抗しようと試み、失敗するとふてくされる。
・酒を飲むと無口になり、さらに飲むといつの間にか周囲の視線からフェードアウトする。
・同族意識が強く、似た趣味の存在とは良く群れて適当に管を巻き憂さを晴らす。
・自意識過剰で有り、自分の考えを他人に理解されたいと願っている。
・上記と矛盾しているが、自分の思考を理解できるのは自分だけだと考えている。
・右でも左でもなく、右の人間には左に寄れと言い、左の人間には右に寄れという。
・愛について語る。が、その内容は醜悪で仕方がない。
・非常に臆病だが、ホラーと名のつくものには目がない。
・自分の書いているものを「ホラー」だと思い込んでいるが、よく見ると「木ヲー」だったり「ほらー」だったりする。

・厨二病とは不治の病であると信じているし、治すつもりなど毛頭ない。


《自作ラノベ風文章宣伝》
処女作焼き直し、オリジナル小説『元オカルト娘のモンスターライフ』連載中>> http://mb2.jp/_css/1238.html
ロジックエラー発生、プロット再構築中、オリジナル小説『ウワサ』一時更新停止中>> http://mb2.jp/_sst/18577.html


『一家に一体』

ある暑い夏の日、エアコンが急に故障した。
余りにもついてない、今日の最高気温がいったい何度だと思ってやがるんだ。
業者さんに報告したところ、今日はほかの修理が多数入っていて手がまわらないとのことだ。
というわけで、今私はミスカトニック大学付属図書館に来ている。
ここなら涼しいし、役に立つ資料があるかもしれない。
そうだ、これだ!!

私が開いた本には、ちょうど「イタクァの招来」の儀式について記されていた。
そこには積もった雪の上でこの儀式を行うと書かれている。
一瞬諦めかけた私だが、妙案を考えついた。

いま、必死になってかき氷を量産している。
これが小高い砂山ほどに積もったならば、イタクァを呼ぶとするか。



Hello citizen.(こんにちは市民)
Happiness is mandatory.(幸福は市民の義務です)
Are you happy?(貴女は幸せですか?)

Computer is your friend.(コンピューターは貴女の良き友人です)
Trust computer.(コンピューターを信じなさい)
Computer never fails.(コンピューターは決して間違えません)
Be happy to served computer.(コンピューターに奉仕できることを幸福に思いなさい)
You must delete rebels from Alpha complex.(そして、貴方はアルファコンプレックスから反逆者を抹消する必要があります)
Rebels hide any place.(反逆者どもはあらゆる場所に潜んでいるのです)

So computer said you "Stay alert! Trust no one! Keep your razer handy!"(だからこそ、コンピューターは言っているのです。「気を抜くな! 信じるな! レーザーガンを手放すな!」と)


『或る夜』

或る夜。
私は夢を見た。
夢の中で、私は何かを探し続けている。
何かから逃げながら、何かを探し続けている。
そうだった、あの忌まわしい何かにつけられた傷はいえることがない。
私の傷からは絶えず血が流れる。

私は恐ろしかった。
ただただ、死を感じて恐怖していた。
それでも私の足は止まらなかった。

医者は取り合わず、友人は奇矯な言動に走り。
そして、夢の中で出会った黒い男は「引き返せ」とだけ私に告げた。

暫く進むと、道は途絶えた。
大きな森だ。
その奥から大勢の人間の声がした。

「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるー るるいえ うがぁなぐる ふたぐん」

その言葉を聞くうちに、私の脳内に一つの石像が浮かんできた。
私は歓喜した。
その石像に象られた存在こそ、私の探し求めていたものだ。
蛸の頭をした巨人。
ユークリッド幾何学を否定する海底都市の主。

「いあ いあ くとぅるー ふたぐん」

私もその声に交じって唱えた。

目が覚める。
何か重要なことが欠けている気がする。
なぜ私は陸にいるのだろう。
私のあるべき場所は此処ではないはずだ。
海に帰ろう。

幸いにも水かきと鰓を手に入れた今の私はあるべき場所に帰る事が出来るのだ。
あぁそうとも。
今ならあの言葉もすべて理解できる。

「ルルイエの館で死せるクトゥルフ夢見るままに待ち居たり、然れどクトゥルフ甦りその王国が大地を統べん」

あぁ、そうだ。
私は戻らなければならないのだ。
今日の夜更けにでも沖に船を出そう。
幸運にもそれが叶ったならば、私は海へと帰り栄光に満ちた余生を送ることにしよう。

【目下捜索中のオカルトライター、S氏の手記より抜粋】



『タイムマシン』

「タイムマシンを作りたいのです」

「何故だい?」

「100年後の未来を見たいのです」

「それは不可能だ」

「何故ですか?」

「100年後なんていう未来は存在しないからね」

黒い男はそう言ってにやりと笑った。

        〜End〜


『雪の日』

有る雪の日、私ははじめてそれを見た。
其れは黒く、ねばねばとしていた。
コールタールが意志を持って動いているかのようであった。

一面の銀世界の中、生々しくのたうつ黒い巨躯に見とれていた。
体表には幾多の目と口がうごめき、其れは時折「Tekeli・li」と鳴いた。

…150行以上は省略されます
編集: 7日前

日記 (328)

▼全メンバーがコメントできます

くえすちょん?

マイメビ(43)

兎咲 - tmr - 某魔法少女スレでライバルと言いますか、喧嘩友達と言いますか、まぁそう言った複雑怪奇な間柄のキャラクターを演じていただきまして、私の作る頭の可笑しなキャラクターたちに此れからも宜しくしていただけると嬉しいです。
友禅 - yuuzenn - 色々ななりきりで結構前からお会いしていたのですが、本当に好みのど真ん中なキャラクターを投げ込んでくださる方です。なんというか、此れからもこの似非紳士が作る頭の可笑しなキャラクターとお付き合い頂ければ光栄です!
千羽 - hina0126 - まだあまり絡んだことはないのですが、これからなりきりなどで絡んで行ければと考えています。宜しくお願いします。
胡椒 - koshou0602 - 久々に痺れるキャラクターを演じてくださる方にお会いしました、というよりもこの人の描くキャラクターが全て可愛過ぎる。真っすぐなキャラクターの瞳で私を見ないで(笑) それは脳内がいかれたキャラクターだらけの私にはまぶしすぎるの!!(爆) 可愛らしさとは罪なのね!! と、筆滑りはこの辺りで、私のような『アホウモノカキモドキ/Ahoucus Monokakiens』(モノカキ属モノカキ目モノカキモドキ科アホウモノカキモドキ亜科の類人猿であり、知ったかぶってたいして多くもない知識をひけらかす習性がある)にも申請を下さった奇特なお方です(苦笑)。知己を得てからの日は短いですが、捻くれ者で変人な似非紳士をよろしくお願いしたいものです。 追記:私の頭の中の八割はいかれたキャラクターたちで出来ています、用法用量を守って適切にお付き合いください(^^; 【「えっとね、アンお姉ちゃんはね、ロリーの大切なお姉ちゃんなの!」byドロレス・ナボコフ】
夕立(仮卒中) - about - 《璃垓お嬢様へ》I stand by you whenever you want it.(必要な時には傍に居るから)《ヨハンより》
緋河 龍 - rk89 - ご無沙汰していた方です。作詞のほうでは大変お世話になっております。さて、この方は数少ない同級生で、受験の戦友(笑)です。之からも多大な迷惑をお掛けしますが、その節はよろしくお願いします!
おの - luka10 - <柊>こちらの方には本体がアカウントを作る前からお世話になっていたようですなぁ。このような似非紳士にも声をかけてくださる方です。ぷっくっくっく… byロノウェ

似非紳士@小倉百弌への伝言

隊長機モルガン @type14 > いえいえ、同じスレにいる創作の友の文章に惹かれてきたのですよww ( 返信 )
2017/01/19 13:58 - No.266
兎咲 @tmr > いえいえ! とても素敵な文章だと思いますし設定も好きで……(*´ 艸`)引き込まれていいねを連打してました。なんでいいね一回しか送れないんですかね……(´・_・`) ( 返信 )
2017/01/19 13:02 - No.265
兎咲 @tmr > !? いいんですか? 似非紳士さんのキャラもロルも大好きですし、本体としての会話もとっても楽しいのでこれを期にもっともっと仲良くなれたら、なんて思ったりしちゃいます。こちらこそよろしくお願いします……ヾ(*´∀`*)ノ ( 返信 )
2017/01/17 00:29 - No.264
兎咲 @tmr > 魔法少女だった時の記憶のかけらがーとのことで……あれでしたら簡単に記憶の文章を作っておきましょうか……? それと今“もしもライトが生存していたなら”っていうテーマでSSっぽいのを書いてるんですけど、マリアンヌちゃんをお借りしても構いませんか? 個人的な連絡ついでになっちゃって申し訳ないです。 ( 返信 )
2017/01/16 23:37 - No.263
ひえ〜さん @moontype > ハピネスが妖魔の真実に至るかどうかですが、サブ記事では確証にまでは至らないと言いましたが、真実に近い所まで行くようにしても構いません。ハピネスが妖魔(ライト)のとどめを刺した時、コアを破壊した際にその中からライトちゃんのものであったマジカル・クォーツを手に入れてください。この点は http://sns.mb2.jp/moontype/d-2-3#S3に書いてます。マジカル・クォーツを手にした時にライトちゃんが魔法少女だった時の記憶の欠片が流れ込んでくるような描写を挟んでいただいて『あの妖魔は教会で会った魔法少女だったのでは?』という疑問を抱くという流れです。長々と失礼しました! こんな感じでどうでしょう? ( 返信 )
2017/01/16 20:45 - No.262
→メッセージの続きを見る

▼コメントするにはログイン(または新規登録)してください。